防災に関するご相談は防災士にお任せください。

防災士とは減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有する者です。 防災に関するご相談は防災士にお任せください。

最近の投稿

太田防災士の活動が京都新聞に掲載されました。

KBS京都で小学生防災士が出演しました

イベントのお知らせ

令和6年能登半島地震から学ぶこれからの避難所運営

日本ではここ数年大地震による災害が頻繁に起こっており、大きな被害をもたらしています。今年の1月1日には能登半島地震が発生。これまでの災害から得た知恵や工夫が避難所運営等にも活かされました。しかし、過疎地域で起きる災害にはまだまだ課題が多いのが現状で、実際熊本地震に続き多くの災害関連死を生んでいます。ICTの活用や人材と物資の準備などは特に災害が発生する前に用意しておく必要があります。今回は福知山公立大学の大門准教授をお招きして、能登半島地震から学び地域に活かすための学びを得たいと思っています。

日時:2024年5月30日(木曜日) 午後6時から午後9時

場所:福知山市総合福祉会館 3階 33号室

京都府福知山市字内記(内記二丁目)10-18

内容:①福知山公立大学大門大朗准教授による講演(現場から見えたこれからの避難所運営)

②パネルディスカッション(京都北部での避難所運営の課題)

パネラー:日本防災士会京都支部事務局長 飯澤 吉郎氏

中六人部地域づくり協議会会長 北山 哲史氏

株式会社かわい代表 土佐 祐司氏

地域など問わずどなたでも参加できます

定員:50名

参加申し込みは下記のアドレスよりお願いします

https://forms.gle/4DzXGBwPyhvRJZs46

YouTubeによる配信もおこないます

https://tantantv.g.nkyoto.com

主催:特定非営利活動法人京都丹波・丹後ネットワーク

後援:福知山市

この事業は「真如苑」の助成を受けて実施しています

7月6日(土) 定時総会のお知らせ


事務局より。
7月6日(土) 午前10時~12時まで 福知山交流プラザ3階にて総会を開催します。
返事は6月23日までにお願い致します。
なおグループLINEに入っておられない方はショートメールにて案内しております。



詳細は後日

京都府支部会員の皆様へのお知らせ

副支部長 森本です。
日本防災士会 京都府支部会員の皆さまへ相談があります。
京都府支部は来年度で創立10周年になります。
現在は様々な受託事業を中心に活動していますが10周年を前に独自事業を強化する計画を練っています。

そこで会員の皆さまへの相談です。
2024年7月~2025年3月末までに最大10回程度の独自事業を開催したいと思っています。
開催場所:京都府下全域
対象者:特に無し
1回あたりの予算:最大5万円まで 事業全体で30万円まで(全て税込み)
※予算は支部で持ちますが支払いは事業終了後になる場合がございます(要相談)
経費の範囲は要相談

事業内容:防災に関すること全て
例:ポリ袋クッキング、ハザードマップ講習、タイムライン、ハグ、避難訓練、ロープワークなど

以上を募集します。
応募の方は簡単な事業計画書を作成してメールで送付してください。

事業計画書は応募者の氏名、住所
開催予定地、予想する対象者、事業内容、予算概算(ざっくりで結構です)
※内容を確認の上、詳細は詰めていきます。


メールアドレス info@bousaishi.com

MENU
PAGE TOP