防災に関するご相談は防災士にお任せください。

防災士とは 減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有する者です。「自助、互助、協働を原則として、社会のさまざまな場で、減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有する者として認められた人」のことを言います。

最近の投稿

2月 5 日(土)京都テルサ「男女共同参画視点からの避難所設営体験講座」(主催:京都府男女共同参画センター)の 2 回目

2月 5 日(土)午前、京都市南区の京都テルサ視聴覚研修室で、「男女共同参画視点からの避難所設営体験講座」(主催:京都府男女共同参画センター) の 2 回目 が行われ 、 7 人の受講生が参加しました。 講師は 京都支部 所属で、 防災企業連合関西そなえ隊 でも活動している 前川良栄 さん。他に 3 人の防災士が参加しました。

はじめに(一財)京都府民総合交流事業団の志水伸之リーダーが 訓練 プログラム について説明。
続いて 前川 防災士 が 、 「だれもがより健やかに過ごせる避難所へ みんなで担う運営のヒント」 と題し 、 想定される地震 被害 、 避難所運営の重要性を 話 し ま し た 。近々起こると言わ れ てい る 「 南海トラフ巨大地震 」で京都府は、 約 900 棟の建物が倒壊し、 各所で液状化現象が起こる と 予想されています。 他府県に比べて 被害が少ない分、 全国から救援物質も届かない 可能性もある ため、まさに地域の力のみで非常事態を乗り切らなければならない状況となります。

「避難所運営ゲームHUG 」 体験 では、 震源地 ・ 京都市 、 マグニチュード 7.5 、震度 6 強。

小雨 が 降 り 気温 は 8 、 電気・ガス・水道 は 止まって いると 想定 し ま し た 。

今回は避難所での慌ただしさを体験 するため 、 次々と到着する避難者を若干 速い ペースで 発表 。認知症 が ある、歩行困難、ペット がいる、妊娠中 …など、さまざまな事情を抱えた家族をどの部屋に配置するか、瞬時 に 判断 する 訓練を し ました。
その間にも、「 トイレがあふれた 」「マスコミが 来た 」「安否確認をして欲しい」「洗濯をしたい」「食事を分けてほしい」などのイベントが次々と起こり 、同時並行で対処していき ます。
参加者は限られた時間の中でさまざまなアイデアを出し合いながら、 できる限りの配慮を行いました 。

最後にゲームを振り返り、対応に困ったこと 、地域防災 として 普段から準備できることなどについて 話し合いました。
事前に準備できることとしては、避難所となる学校との調整、トイレ関連用品を中心とした備蓄、避難所での役割分担、校庭に車が何台停められるかのシミュレーション、要配慮者の把握 、 などの意見が出ました。

前川防災士は「 京都府 の 小中学校 で は 食糧の 備蓄 ま で は し てい ない 。 避 難 す る 場合 は なる べ く 持参 し て ほ しい。 ひ っく り 返 った 部屋 の 中 か ら 避 難 用具 を 持 ち 出 す た め に は 工夫 が必要 と な る」 とアドバイスしました。

1志水伸之リーダー

2講師の前川良栄防災士

3感染予防対策をして実施感染予防対策をして実施

4刻々と変化する状況に対応刻々と変化する状況に対応

5積極的に意見を述べ合う参加者積極的に意見を述べ合う参加者

6主催者の京都府民総合交流事業団・神田志保さん(右)主催者の京都府民総合交流事業団・神田志保さん(右)

7 避難者へのアナウンスは掲示板に避難者へのアナウンスは掲示板に

男女共同参画視点からの避難所設営体験講座

03参加防災士(飯澤、富永英、植田)

1月8日(土)午前、京都市南区の京都テルサ視聴覚研修室で、「男女共同参画視点からの避難所設営体験講座」(主催:京都府男女共同参画センター)が行われ、日本防災士会京都支部から4人の防災士が参加しました。

参加者の多くは、同センターが実施した「災害時女性相談サポーター養成講座」の修了生で、被災時に女性をサポートするためのスキルを学んだ皆さんです。

はじめに(一財)京都府民総合交流事業団の志水伸之リーダーが、男女共同参画の視点から見た災害対策について説明。続いて京都支部・飯澤吉郎事務局長の指導の下、避難所設営体験、非常食試食体験を行いました。

避難所設営体験では、マグニチュード7.5、震度6強の京都市直下型地震が起きたという想定で、避難所の設営を開始。その場に居る人が、その場にあるものだけで、皆で知恵を出し合いながら避難所を作る…という体験をしました。

また、追加で発表する「外国人がやってきた!」「発熱者はどこに案内する?」「赤ちゃんのミルクが無い!」などの課題(シナリオ)も用意。避難所を作りながら、想定外のハプニングにも対応する訓練にも挑戦しました。

参加者からは「町内会の避難訓練にも参加して顔見知りの人を作り、近助ができるようになりたい」「避難所によって用意されている道具は違うかも知れないが、一度体験しておけば応用できる」「リーダーとなって作業を振り分けられる人が居た方がスムーズに できるのでは」などの声が聞かれました。

チラシ
チラシ
01志水伸之リーダーがイベントの趣旨などを説明
01志水伸之リーダーがイベントの趣旨などを説明
02志水伸之リーダー
02志水伸之リーダー
03参加防災士(飯澤、富永英、植田)
03参加防災士(飯澤、富永英、植田)
04使用する保管資材-1
04使用する保管資材-1
05使用する保管資材-2
05使用する保管資材-2
06飯澤吉郎防災士が避難所設営について説明
06飯澤吉郎防災士が避難所設営について説明
07飯澤吉郎防災士
07飯澤吉郎防災士
08災害想定を発表
08災害想定を発表
09災害時の車いす使用について説明
09災害時の車いす使用について説明
10手分けをして避難所を設営
10手分けをして避難所を設営
11仕切りの組立
11仕切りの組立
12授乳室への配慮を検討
12授乳室への配慮を検討
13女性用物干しコーナーを設置
13女性用物干しコーナーを設置
14男性用トイレ(左)はあるもので仕切りを作った
14男性用トイレ(左)はあるもので仕切りを作った
15貼り紙の工夫例-1
15貼り紙の工夫例-1
16貼り紙の工夫例-2(外国人への配慮を追加)
16貼り紙の工夫例-2(外国人への配慮を追加)
17貼り紙の工夫例-3(生理用品もアナウンス)
17貼り紙の工夫例-3(生理用品もアナウンス)
18貼り紙の工夫例-4(イラストを追加)
18貼り紙の工夫例-4(イラストを追加)
19貼り紙の工夫例-5
19貼り紙の工夫例-5
20コロナ対応で設けた別室(想定)
20コロナ対応で設けた別室(想定)
21車いす使用時の注意点を解説(奥は段ボールベッド)
21車いす使用時の注意点を解説(奥は段ボールベッド)
22ペール缶で作った即席トイレ
22ペール缶で作った即席トイレ
23非常食について説明
23非常食について説明
24試食した非常食
24試食した非常食
チラシ
チラシ
PAGE TOP
MENU